「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

アーモンドミルクからのアレンジ/さつまいもマフィン


2015年5月18日

Shokoのヘルシークッキング Vol.2

DSC01318

「ナチュロパス(自然療法/自然療法士)」の勉強をされていて、

お料理も大好きなShokoさんに、

「ヘルシーでおいしく!」をテーマに

レシピのこと、健康のことを教えてもらう不定期連載。

 

連載開始のいきさつは

第一回「手作りアーモンドミルクとスムージー」の回に詳しく書いてあります(^-^)

 

第二回の今回は、

前回アーモンドミルクを作る過程で出た

アーモンドの「しぼりかす」を使ったマフィンのレシピを紹介します!

 

この「しぼりかす」は生のまま使うこともできるし(今回のレシピは生のものを使用)、

170℃くらいのオーブンで2~3時間ほど焼いて乾燥させた「アーモンドミール」が作れます。

どちらもレシピに

「アーモンドミール」「アーモンドプードル」「アーモンドパウダー」

と書かれているものに使用できるので、とっても使い勝手がいいですよ〜。

ぜひ捨てずに有効活用してください。

 

☆さつまいもマフィン☆

 

作ったアーモンドミルクでアレンジその2(・∀・)

 

正確には「アーモンドミルクを作ったときに出たしぼりかすでアレンジ」です(・ε・)

 

「マフィンはよく作りますよ~。失敗があんまりないのがいいですね。

お友だちと会うときによく作りますが、みんな『おいしい』と食べてくれて、レシピを聞かれたりすることも。

このマフィンの特徴は、グルテンフリー、デイリーフリー、シュガーフリーなこと。

私はこれで作ることがほとんどです。

ちなみに、うちにはお砂糖がないので、和食などのお料理のときもシュガーフリーです(^-^)

バターの代わりとして、ココナッツオイルを使いました。

ココナッツオイルは酸化しくく、また、高温の料理に向いているので、バターの代わりとしてお菓子作りに使うことができるんですよ」(Shoko

 

<さつまいもの栄養>
・リンゴの10倍以上ものビタミンCが含まれており、加熱調理しても糊化したでんぷんの作用により壊れにくく、残存率が高い。
・食物繊維たっぷり。
・カリウムが、他の野菜類と比較しても極めて豊富。カリウムはナトリウムの排泄を促すので、血圧を下げる作用があります。また、不足すると筋肉の動きが悪くなって、力が出なくなってしまいます。
<ココナッツオイルの栄養>
・トランス脂肪酸が含まれていないので、安心して利用できる。
・成分の90%以上が酸化しにくい飽和脂肪酸。
・ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸の約60%が中鎖脂肪酸。他の飽和脂肪酸とは異なり、中性脂肪に変換されて、脂肪組織に蓄積されません。
・ココナッツオイルの約50%がラウリン酸。抗菌活性があり、風邪予防の効果がある。

 

<材料>(マフィン型6~8コ分)

アーモンドのしぼりかす…100g

ココナッツフラワー大さじ2

さつまいも…80g

アルミニウムフリーの重曹小さじ1/2 

塩(ヒマラヤンソルト)ひとつまみ

シナモン(パウダー)小さじ1

ナツメグ(パウダー)小さじ1/4

ローハニー(加熱、濾過処理されていないはちみつ)…100g 

2コ

ココナッツオイル…75g

バニラエクストラクト(バニラエッセンスでもOK)小さじ1

ナッツ、クコの実お好みで

 

DSC01316

 

Goji Berries(ゴージベリーズ)=クコの実。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど、美容にいい成分が豊富なので、特に女性にうれしい食材ではないでしょうか。抗酸化作用(老化防止)、コラーゲン生成促進効果、血行不良(むくみ、冷え性、肩こりなど)の改善などの効果が期待できます。

 

(1)さつまいもをてきとうな大きさに切り、蒸してから滑らかになるまでつぶす。

DSC01312

(2)アーモンドのしぼりかす、ココナッツフラワー、重曹、塩、シナモン、ナツメグを混ぜる。

手でザザッと混ぜてしまってOK。全体が均等になるよう、よく混ぜてください。

塩はぜひヒマラヤンソルトを!

なぜならば、現在販売されている塩の大半は化学的に精製が行われており

「精製塩」という、人為的にかなり加工された塩なんです。

精製塩の99%以上が塩化ナトリウムで構成されており、

原料は天然塩ですが、含まれている物質は天然塩とはまったくの別物と言えるのです。

精製塩は本来人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)がほとんど取り除かれた塩化ナトリウムが99%以上含まれているもの。

逆に天然の精製されてない塩はこれらのミネラルが豊富に含まれています。ヒマラヤンソルトはその天然塩のひとつ。

このレシピではヒマラヤンピンクソルトを使いましたが、個人的にはオーストラリアのマレイリバーピンクソルトも好きです。

DSC01314

(3)卵、ココナッツオイル、はちみつを別のボウルで混ぜる。

 

(4)(2)のボウルに(3)を入れて、全体に混ざったらさつまいもを入れ、さらに混ぜる。

DSC01315

 

(5)マフィン型に入れ、1802025分くらい焼く。

時間はオーブンによっても変わるので、様子を見ながら調節してください。楊枝をさして生地がなにも付いてこなければOK

 

(6)焼き上がったらナッツ、クコの実などを乗せる。

はちみつをつけるとのり代わりになります。先に生地に混ぜ込んでから焼いてもOK(その場合はさつまいもを入れたあとに入れてから軽く混ぜてください)。

 

☆完成☆

DSC01318

 

すっごくしっとりとした生地!できあがりはもちろん、次の日に食べてもまだしっとりソフトだったのには感動。

甘さは控えめ、日本人向きの甘さだと思います。スパイスの風味がアクセントになっていて、とてもおいしい。

娘(2歳直前)もよろこんで食べていました(^-^)

 

混ぜて焼くだけ…ととてもシンプルなレシピなので、ぜひ作ってみてください。

 

これからも、ナチュロパス的視点から、いろいろShokoさんに教えてもらう予定なので、楽しみにしていてくださいね!

質問や、取り上げてほしい食材などありましたら、気軽にメッセージください(^▽^

 

Shokoさんプロフィール>

Exif_JPEG_PICTURE

2007年来豪。1児の母。現在ナチュロパス(自然療法士)を目指し、勉強中。

東京で美容国家資格を取りヘアメイクの仕事をしている際、真の美しさは内面からくるものだということに気づく。そこから食に興味を持つようになり、東南アジアを放浪後に来豪。家族に医療従事者が多いこともあって、もともと体や薬のことを考えているのが好きなところへ、自然医療大国オーストラリアにて自然療法に出会い衝撃を受ける。

実際に勉強を始めて、さらに視野が広がり、食以外にハーブの使い方、生活習慣なども見直すように。結婚、出産を経て、自分だけではなく家族の健康も考えるようになり、本格的にヘルシーな食生活を心がけるようになる。実際、肌荒れしにくくなったり、鼻炎の症状や頭痛が軽減したりすることで、食生活の大切さを改めて実感。いま、自分が持っている知識や情報をシェアすべく、日々勉強&料理作りに励んでいます。

 

ブログ:Shoko's healthy cooking in Cairns, Australia

 

 

 

 

※情報は記事作成時のもので、予告なく変更されることがあります。


MerrimanShizuka

岐阜県出身。都内出版社で編集者として13年勤務。その後、沖縄・石垣島へ移住。2009年2月、オーストラリアひとり旅で訪れたケアンズにひと目惚れ、同年10月、ケアンズに移り住む。2012年結婚、2013年に娘出産。趣味は読書と惰眠。現在絶賛無職中。ブログ「Cairns日和」http://dorae42.exblog.jp/