「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

デイリーフリーチーズケーキ


2016年4月3日

Shokoのヘルシークッキング Vol.4

DSC00086

「ナチュロパス(自然療法/自然療法士)」の勉強をされていて、

お料理も大好きなShokoさんに、

「ヘルシーでおいしく!」をテーマに

レシピのこと、健康のことを教えてもらう不定期連載。  

 

連載開始のいきさつは

第一回「手作りアーモンドミルクとスムージー」の回に詳しく書いてあります(^-^)

第四回は、オーブンを使わず、冷凍庫で凍らせたあと半解凍でいただく冷たいデザートの紹介です。

 

乳製品(デイリー)は一切使わないけど、味はチーズケーキみたいな、

「デイリーフリーチーズケーキ」

ケアンズの熱~い気候にピッタリです!

 

デイリーフリーなのにチーズケーキ??

脳内混乱!!(笑)

 

ヴィーガン(卵や乳製品、はちみつも食べない純菜食主義)の方の間では、

けっこうメジャーなデザートだそうです。

 

「インターネットなんかでヴィーガンレシピ見てるとちょいちょい出てくるレシピで、

『どんな味なんだろう~』と気になってはいたのですが、

実際に初めて食べたのはAbbyのカフェで。

(「カンタンBliss ball(ブリスボール)」の回参照)

クリーミーで甘酸っぱくて、

チーズケーキと謳っているのはこういう味だからか~、と納得。

味は“チーズケーキそのもの”ではないけど、これはこれでまた新しいおいしさですよ」(Shoko)

 

私が初めて知ったのは、Shokoさんが、自身が働くお店、Go Vitaのサイトに

ノーベイクカシューチーズケーキバーズのレシピをアップしたことから。

 

作ってみたら、甘酸っぱくてさっぱりしてて、なのに濃厚でとっても好みの味!

「おいしかったよ~♡」と伝えたところ、

「じゃあ、Cairns Wing用にアレンジバージョン作ってみましょう~!」(Shoko)

とオファーいただいたのでした。わーい、うれしい(^_^)

 

さて、「デイリーフリー」で作ることのメリットとは?

 

乳糖不耐症、牛乳アレルギーでも安心して食べられること。

売られている乳製品の質にも問題があること。

(詳しくは「手作りアーモンドミルクとスムージー」の回で説明しています)

 

「とはいえ、アレルギーとかでない場合は、

ケーキで使う量くらいの乳製品ならそんなに神経質になる必要もありません。

“たまにはデイリーフリーで作ってみよっかな”

くらいの気軽さで楽しんでくださいね」(Shoko)

 

☆デイリーフリーチーズケーキ☆

 

<アーモンドの栄養>
・老化予防のビタミンE含有NO.1食品。
・食物せんいが豊富。
・アーモンドに含まれているオレイン酸、リノール酸ともに、血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。そのため、動脈硬化を予防する効果、心疾患などのリスクを低くする効果が。
・カルシウム・亜鉛・マグネシウム・鉄分などのミネラルが非常に多く含まれている。

 

<サンフラワーケンネルズの栄養>
・体内の余分なナトリウムを排泄するカリウムが豊富に含まれます。
・葉酸も100g中280mgと種実類のなかでもダントツ。葉酸は貧血防止やアミノ酸代謝にかかわるビタミンで、免疫力を高め、ビタミンB12とともに造血にも働きます。
・ビタミンEは抗酸化作用があるので体内の細胞の老化を防いでくれます。
・セロトニン(セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与するので「ハッピーホルモン」とも言われている)の材料になるトリプトファンもたくさん含まれています。
・そのほか、鉄分、亜鉛、繊維、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウム、カリウム、良質のタンパク質など、さまざまな種類の栄養分が含まれている。

 

<ココナッツの栄養>
・ココナッツの主成分である脂肪は中鎖脂肪酸で構成されていて体の中で燃焼されやすくすぐにエネルギーに変える働きがある。
・カリウムはナトリウムの排泄を促し、血圧を下げる作用があります。また、不足すると筋肉の動きが悪くなり、力が出なくなることも。
・悪性貧血、免疫機能の低下を防ぐ葉酸。新陳代謝をあげる、腸内活動を活発にする、ストレスを軽減するなどの効果も。特に妊婦さんにおすすめの栄養素です。
・ほかに、食物繊維、鉄分、マグネシウムなども含まれています。

 

<デーツ(ナツメヤシの実)の栄養>
・豊富に含まれている食物せんい、水分を集めるマグネシウムが便秘解消を促す。
・鉄分で貧血改善、身体の代謝をアップする。
・体内に入ったアルコールを分解するのに効果的な亜鉛。二日酔いの改善効果に期待。ほかに免疫細胞を活性化させる働き、カルシウムの吸収率をあげる効果もあります。
・強力な抗酸化力を持つ栄養素のカロチンは、体内では必要量に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAは眼によいと言われるビタミンで、アンチエイジング効果も。
・骨の生成に欠かせないカルシウム、ビタミンKで骨粗鬆症予防。
・疲労回復効果のB1、成長を促進する効果のあるB2、粘膜や皮膚を健康に保つB3(ナイアシン)と、ビタミンB群が豊富。ビタミンB群は人間の身体には必要不可欠で、体内に貯めておくことができないので、毎日の食事から摂取する必要があります。

 

<ココナッツオイルの栄養>
・トランス脂肪酸が含まれていないので、安心して利用できる。
・成分の90%以上が酸化しにくい飽和脂肪酸。
・ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸の約60%が中鎖脂肪酸。他の飽和脂肪酸とは異なり、中性脂肪に変換されて、脂肪組織に蓄積されません。
・ココナッツオイルの約50%がラウリン酸。抗菌活性があり、風邪予防の効果がある。

 

<材料>(マフィン型約12個分)

(ベース)

アーモンド…80g

サンフラワーケンネルズ…80g

(パンプキンシードでもいいし、160gすべてアーモンドでもOK)

デシケイテッド(もしくはシュレデッド)ココナッツ…100g

デーツ(種を抜いた状態)…約120g(約6個分)

(干しぶどうなどの好みのドライフルーツでもOK)

塩…ひとつまみ

ココナッツオイル(室温で液体になったもの)…大さじ1~2

 

※お好みでチアシードを入れてもOK。

 

※アーモンドはアクティベートされたものを使用します。

「アクティベートされたものは「アクティベーテッドアーモンド」として売っています。

普通に売っている量り売りされてるのはされてないと思ってOK。

アクティベードされてるのは高いです!

自分でアクティベートする場合

(詳しいやり方は「手作りアーモンドミルクとスムージー」参照)は、

水につけたあと、ディハイドレーターまたは、オーブンで乾燥させてから使用してください。

オーブンは低温(100℃くらい)で2~3時間か、時間がない人は150℃で15~30分。

150℃の場合はこまめにまぜて、焦げないように注意してくださいね。

ディハイドレーターなどを使って低温でやる方が栄養素が失われないのでおすすめです。

アーモンドミルクを作ったかすで作るのがいちばん手間がかからないので、

ミルクとチーズケーキ、セットで作っちゃってもいいかもしれません」(Shoko)

DSC00130サンフラワーケンネルズはひまわりの種の中身のことです。

 

<カシューナッツの栄養>
・おもな栄養素は亜鉛、マグネシウム、鉄、ビタミンB1、食物繊維。
・カシューナッツの脂肪の60%はオレイン酸。体内の悪玉コレステロールを排出するほか、便をやわらかくして便秘を改善してくれます。

 

<ベリー類の栄養>
・ビタミンB群や高い抗酸化作用があるビタミンCだけでなく、ポリフェノール類も豊富。
・どのベリー類もカリウムがたくさん含まれています。これはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。
・食物繊維は不溶性と水溶性の両方が含まれています。

 

<ライムの栄養>
・ビタミンCや酸味成分のクエン酸、ポリフェノールの一種であるヘスペリジンやエリオシトリンなどの栄養を豊富に含みます。
・ビタミンB1は糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立ちます。
・ビタミンB2は細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に欠かせません。
・ナイアシンは皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせます。
・パントテン酸は動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きがあります。
・貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである葉酸を含みます。
・抗酸化ビタミンであるビタミンCを含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。
・骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなども。
 ・カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

 

(フィリング)

カシューナッツ…400g

(マカデミアナッツにするとよりリッチな味わいになります)

お好みのベリー類…300g

ライムジュース…125g

塩…小さじ1 

ローハニー…200g

バニラビーンズのさや…1本

(なければバニラエクストラクトorバニラパウダー…小さじ1)

ココナッツオイル(室温で液体になったもの)…120ml

ココナッツクリーム…130ml

 

※今回、ベリーは冷凍のミックスベリーを使用。

ミックスじゃなくて、1種類のなにかのベリーでもいいし、マンゴーでもおいしくできます。

もちろん、冷凍ではなく、フレッシュなものでもOK!

 

※ローハニー(生蜂蜜)とは、一般的なスーパーで売られているはちみつと違って

加熱処理をしていないもののことを言います。

そのため、ビタミンやミネラルをなどの多くの栄養素が壊れずに酵素も活きている状態なんです。

「今回のような加熱しないデザートの場合は特にローハニーがおすすめです」(Shoko)

 

※バニラは「ぜひ本物のバニラビーンズを!」と、Shookさん力説。

風味が全然違うそうですよ。

DSC00064

「今回はDAINTREE VANILLA & SPICEの商品を使用しました。

大きくて立派なバニラで、品質はもちろん、地産地消という観点からもオススメ!

材料では「1本」と表記していますが、これだったら1/2本でOKです」(Shoko)

 

バニラに含まれている芳香成分であるリナロールには、

リラックス効果、抗感染効果、腸の中のガスの排出を促す効果が、

フェランドレンには、様々な体の機能を高めたり向上させ、

元気で、丈夫な体へと導いてくれる効果もあるとか。

ただの風味づけだけではなく、立派に私たちの体に働く効能もあるんですね(^_^)

 

<作り方>

(1) カシューナッツを水にひたしてアクティベートする。

冷蔵庫に入れる場合は8~10時間、常温なら2時間。

「いますぐ作りたい!」というときは、熱湯に約15分ひたす。

(この場合、やわらかくはなりますが、アクティベートはされていません)

DSC00058

(2) ケーキの型にベーキングペーパーをテープ型に切ってマフィン型に入れる。

DSC00059

(3) アーモンド、ひまわりの種、ココナッツ、フードプロセッサーで細かく砕く。

その後、デーツ、ココナッツオイル、塩を入れてよく混ざるまでフードプロセッサーにかける。

DSC00061
(4)マフィン型に分けて入れ、指でギュッと固く押し付け、冷蔵庫で1時間冷やす。

「押し付けると意外と平たくなるので、けっこうこんもり入れても大丈夫」(Shoko)

これが、ケーキのベースになります。

 

(5)アクティベートしたカシューナッツをよく洗って、ザルにあげておく。

 

(6)ライムをしぼる。

DSC00068

(7)バニラのさやから種を包丁でこそぎ出す。

 

「余談ですが、本物のバニラを使ってない「バニラフレーバー」的なチープなお菓子、

なにが使われてると思いますか?なんと、ビーバーの睾丸だそうですよ!!」(Shoko)

ヒエー!衝撃の事実!

その是非は置いておいても、ビーバーの睾丸を初めて食べようと思った人、スゴイ。

 

(8)⑤、⑥、⑦と塩、ローハニーを入れてフードプロセッサーにかける。

途中側面についた分をヘラで押し下げながら、クリーム状になるまで、けっこう長時間まわします。

DSC00072

「ここでちょっと知恵袋的な。

はちみつをはかるとき、容器にココナッツオイルとかを薄く塗っておくと、

ツルッって取れて気持ちいいです(笑)」(Shoko)

 

(9)ある程度クリームっぽくなってきたら、

ココナッツオイル、ココナッツクリームを入れてさらに混ぜる。

先にオイル、クリームも一緒に混ぜてしまうと混ざりにくくなって、

なめらかなクリーム状にならないので注意。

DSC00074

(10)出来上がりの半分くらいの量を型に流し込む。

きちんと計って入れなくて、てきとうでOK。

「1コ1コを違う量にすると、それぞれ違う模様、

配分になって、見た目もおもしろいですよ」(Shoko)

 

(11)残ったフィリングにベリー(凍ったままで)を追加して、さらにフードプロセッサー。

DSC00078

(12)キレイに混ざったら、マフィン型に流し込み、

トントンと落として表面を平らにしたあと、箸などでクルクルッとまぜる。

こうすると、2層の部分が波打ったような模様ができます。

最後に再度トントンと落として、表面を平らにし、軽くラップをかけ、冷凍庫に入れます。

 

(13)固まったら完成!半解凍で食べるデザートです。

冷凍庫から出したら5分ほど待ってからいただいてください(^_^)

「今回はマフィン型で作りましたが、どんな型でもOKです。

ケーキ型なら20cmくらいのものでちょうどいい量が作れますよ」(Shoko)

DSC00095

甘酸っぱさとクリーミーさの絶妙なバランスがクセになる味!

三層になった断面もキレイで目にもおいしいデザートのできあがり♡

「先日開催した食育のワークショップで

このデイリーフリーチーズケーキを出したところ、

みんなにおいしい、レシピが知りたい、とよろこんで食べてもらえました!

カシューナッツで作った、というと「そうなんだ!」とビックリされてましたよ」(Shoko)

 

たしかに!材料を秘密にして、サプライズで食べてもらっても楽しいかもしれませんね(^_^)

 

今回のレシピに欠かせないのがフードプロセッサー。

DSC00103

「私が使っているフードプロセッサーはBrevilleの大きめサイズ。

こんなに大きなものでなければ安く手に入るのでもし持ってなかったら購入をオススメします!

いろんな料理に使えるし、ラクだし、十分モト取れますよ~!

バイタミックスなどのハイパーブレンダーでも作れます、というか

むしろそっちのほうがキレイなクリーム状に作れますので、

もしお持ちの方はぜひハイパーブレンダーで作ってみてください」(Shoko)

 

Shokoさんが使用しているオーガニックフードは、

スーパーマーケットのヘルシーフードコーナーや、

Shookさんが働くGO VITA、the source BULK FOODSなどの

ヘルシーフードが置いてあるようなお店で買えます。

Shoko

<Shokoさんプロフィール>

2007年来豪。1児の母。現在ナチュロパス(自然療法士)を目指し、勉強中。

東京で美容国家資格を取りヘアメイクの仕事をしている際、真の美しさは内面からくるものだということに気づく。そこから食に興味を持つようになり、東南アジアを放浪後に来豪。家族に医療従事者が多いこともあって、もともと体や薬のことを考えているのが好きなところへ、自然医療大国オーストラリアにて自然療法に出会い衝撃を受ける。

実際に勉強を始めて、さらに視野が広がり、食以外にハーブの使い方、生活習慣なども見直すように。結婚、出産を経て、自分だけではなく家族の健康も考えるようになり、本格的にヘルシーな食生活を心がけるようになる。実際、肌荒れしにくくなったり、鼻炎の症状や頭痛が軽減したりすることで、食生活の大切さを改めて実感。いま、自分が持っている知識や情報をシェアすべく、日々勉強&料理作りに励んでいます。

 

ブログ:ナチュロパシー勉強中! in Cairns

 

☆Shokoさん近況☆

Australiaに150店舗以上あるヘルスフードストア『GO VITA』のCairns City店で毎週火曜日と木曜日に働いています。ヘルシーフードの材料やスーパーフード、サプリメント、ハーブ、コスメなどたくさんの商品が揃っています。 商品のことでわからないことなどがあれば相談に乗りますのでぜひ会いに来てください(^_^)

※情報は記事作成時のもので、予告なく変更されることがあります。


MerrimanShizuka

岐阜県出身。都内出版社で編集者として13年勤務。その後、沖縄・石垣島へ移住。2009年2月、オーストラリアひとり旅で訪れたケアンズにひと目惚れ、同年10月、ケアンズに移り住む。2012年結婚、2013年に娘出産。趣味は読書と惰眠。現在絶賛無職中。ブログ「Cairns日和」http://dorae42.exblog.jp/