「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

本の購入がチャリティーに!

くり茶屋 (くりちゃや)


2015年6月27日

パステル和アートやレイキ、ヨガ、オーラソーマなどなど
マルチな才能を惜しげもなくCarins(ケアンズ)のみんなにシェアしてくれて、
かつ、Smile with Kidsという、
福島の子どもたちを支援するチャリティー団体の主催者でもある
スーパーウーマン、Makiさんのブログを見て、
古本を購入することができると知りました。

 

海外にいると、日本の本を安く入手するのはとても難しい…。

 

シティーの図書館には、日本語本のコーナーがあるけど、
読みたいのはほとんど読み尽くしてしまったので、
いつも、お友だちと貸し借りをしたり、
Living In Cairns(リビングインケアンズ/Cairnsの無料情報誌)の掲示板などで
「売りますコーナーに本はないかな〜」とチェックしています。

 

ちょっと話が横道にそれますが、Cairns Wingにも掲示板があって、
売ります買います、募集中、お知らせなどを掲載することができます。
メンバー登録(無料)をしてもらうと、書き込むことができて、
なにか催し物などをされるときは、イベントカレンダーに記入することもできますので、
もしよかったらコチラも利用してみてくださいね〜(^∇^)

 

…話戻ります!

 

なので、今回も「買えるのね!(°∀°)b 」と知ってすぐ、
本を管理されているくり茶屋さんにメッセージを送って、
伺う日時を相談させてもらいました。

 

けっこういっぱいあったよ〜。文庫本が多いのがうれしい(^~^)
DSC04302


いっぱい欲しいのあったけど、財布がさみしかったので、吟味して3冊だけ購入。
IMG_8234
募金箱にチャリン☆とさせてもらいました(^人^)

 

そう、ここで本を買うと、そのお金がそのままSmile with Kidsに寄付されるのです。

大好きな本が買えて、それがチャリティー活動になるなんて、ステキ!

金額は自分で決めるシステムなので、ムリのない範囲で募金できるのもうれしいです。

 

この3冊を読み終わったら、また行こう〜。


ちなみに、寄付もできるそうです。
私も、買った本を読み終わったらまた戻しに行こうかなーとか考えてます。


いままでは「他の日本人の方もきっと日本の本に飢えているはず!」と思って図書館に寄付してたんだけど、
いつまでたっても本棚に並ばなかったりすることがけっこうあるんだよね。

 

いまは、図書館に本を持って行って、受け付けに「寄付したい」って言ったら
「オッケー!」みたいな感じで渡して終わりだけど、
前は「寄付した本は売られることもありますが、それでもいいですか?」みたいな書類に、
同意の意味のサインをしなくちゃいけなかったの。
だから、もしかしたら、貸し出し用本にはならず、売られちゃってる?とか思ったり。
それとも、ただ単に人気で常に貸し出し中ってこととかなのかなぁ?

 

真実はナゾですが、でも、これからはこちらに寄付しようかな〜と考え中。
そしたら、本を読みたい日本人の方もハッピーだし、福島の子供たちへの寄付にもなるし…。

「なんか本読みたい〜」と思っている方も、
「いらない本を処分したい〜」と思っている方も、
もしよかったら、くり茶屋さんのブログからメッセージしてみてください(´∀`)

 

知らない方と初めて会うときは毎回ドキドキするけど、
くり茶屋さんは、原材料の80%以上が優しさでできているような、
柔らかな雰囲気のステキな女性でした。
なので、安心してコンタクトとってみてください(笑)。

※情報は記事作成時のもので、予告なく変更されることがあります。

くり茶屋 (くりちゃや)

【ウェブサイト】kurichaya.go-jin.com/e59632.html

【住所】Cairns

MerrimanShizuka

岐阜県出身。都内出版社で編集者として13年勤務。その後、沖縄・石垣島へ移住。2009年2月、オーストラリアひとり旅で訪れたケアンズにひと目惚れ、同年10月、ケアンズに移り住む。2012年結婚、2013年に娘出産。趣味は読書と惰眠。現在絶賛無職中。ブログ「Cairns日和」http://dorae42.exblog.jp/