「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

2か月だけのいちご狩りShaylee Strawberries

Shaylee Strawberries (シェリーストロベリーズ)


2015年9月29日

Cairns(ケアンズ)は日本のようなハッキリとした四季はなく、

大きく分けて雨季(12〜3月ころ)/乾季(4〜11月ころ)のふたつに分けて表現されることが多いですね。

気温は日本とは逆で、日本の冬=Cairnsの夏になります。

 

日本が夏から秋へと移り変わるこの時期、

Cairnsでは冬から春へ…と言っていいかしら…??

(体感的には過ごしやすい初夏から、うだるような暑さの夏本番へ…という気分です)

 

春といえば、いちごの季節♡

Cairnsでもここ最近はいちごがとても安くなっていて、

「おお〜いちごの季節が来たなー」と感じています(^人^)

 

先日、友人から「Atherton tableland(アサートン高原)にもいちご農家があるんだよ」と聞いて、

さっそくいちご狩りに行ってきました(「狩り」モノ好き)。

 

場所はCairnsから車で南西に1時間半〜2時間ほど、

Atherton(アサートン)の街の近くにあります。

 

大きい看板が出てるのですぐにわかるはず。

DSC06680

(入り口に「売ります」の看板が出ているのが若干気になるところ( ̄ー ̄;どうか新しいオーナーもいちご狩りを続けてくれますように…)

 

ちなみに、回る看板もあります( ´艸`)(どうでもいい情報(笑)

DSC06685高原の風を受けて、元気にまわっています!

DSC06684ゲートをくぐってすぐのところに駐車スペースがあり、

その目と鼻の先にアイスクリームやジャム、

新鮮いちごが売っている建物があるので、

そこでパックを受け取り、建物の裏のいちご畑に向かいます!

DSC06678見渡す限りのいちごーーーーーーーーー(°∀°)b (°∀°)b 

 

遠くに、ピンクのヒモがあるのが見えますか?

いちご狩り体験は、このヒモの内側でのみできます。

DSC06670こちらはタテの仕切りひも。この右側が体験スペース。

DSC06676

仕切られているとはいえ、たっぷりありますので、思う存分狩ってください!

 

畑から、売店(の背中)を見たところです。

本当にすぐ裏側なので、長々歩くこともありませんよ〜。

DSC06669元気な葉っぱの下に隠れている、おいしそうな真っ赤ないちごを探します(≧▽≦)

DSC06658花、熟れる前のいちご、食べごろのいちごを一度に観察することもできます。

DSC06668いつも自分たちが食べているものは、

どんな木になるの?どんな花なの?どんなふうに実るの?

それを自分の目で見て、触って収穫することは、

特に子供にとってすごくいい経験だと思います(^~^)

2歳になる娘も目を輝かせて、一生懸命摘んでいました。

(さすが我が娘。よくぞ受け継いだ食い意地のDNA。ナチュラルボーン食いしん坊!)

 

摘み終わったいちごは、再度売店に持って行くと重さをはかってくれて、

そこでお会計。

DSC06679売店の脇には、いちご洗い用の水道も用意されているので、

ジャバジャバ洗って、その場で食べてもOK。

(つみながら食べるのはダメとのこと…)

 

我が家は2パックにいっぱいつめて$10ちょい。

DSC06755料金は、私たちが行ったときは1kg$12でした。

決して安くないけど、アクティビティ代込みと思えばアリじゃないでしょうか?

 

オーガニックではありませんが、なにより新鮮だし、

自分で摘んだいちごは、売り物よりもおいしく感じるから不思議(^人^)

 

毎年9〜10月、2か月だけのいちご狩り、急いで行ってみてくださーい。

※情報は記事作成時のもので、予告なく変更されることがあります。

Shaylee Strawberries (シェリーストロベリーズ)

【電話】07-4091-2962

【ウェブサイト】www.shayleestrawberries.com.au/

【営業時間】9:30〜16:30(だいたい)/9〜10月のみ営業

【定休日】11月〜8月

【住所】LOT 62, Gillies Highway, Atherton

MerrimanShizuka

岐阜県出身。都内出版社で編集者として13年勤務。その後、沖縄・石垣島へ移住。2009年2月、オーストラリアひとり旅で訪れたケアンズにひと目惚れ、同年10月、ケアンズに移り住む。2012年結婚、2013年に娘出産。趣味は読書と惰眠。現在絶賛無職中。ブログ「Cairns日和」http://dorae42.exblog.jp/