「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

Alohaはギフトをシェアすること


2015年5月29日

Alohaという言葉。

ハワイアンの人たちにとって、大切な言葉です。

たくさんの意味がある中で、今日は

「Aloha=ギフトをシェアする」

という意味のお話を。

 

昨年の妊娠中には、日本に4か月ほど帰国をしておりました。

ご縁がたくさんあり、身重でいながらも、たくさんの方にLomilomiやLominohoをさせていただくことがありました。

 

日本に帰国するたびに、大変お世話になっている方。

前々回に初めて、日本で施術をさせていただいてから、とてもお気に召していただき、前回も施術をさせていただくことに。

 

今回は、ストレスでお疲れのご主人様にもプレゼントをされたいということで、ご夫婦を別日に施術させていただきました。

その時、私は妊娠8か月。

 

mata lomi2

施術後は、ご主人様のイメージが大きく変わりました。

人見知りをされるというお話は伺っていましたが、まさにお顔が別人のように柔らかに。

身体のお疲れというより、精神的なお疲れだったようなのが、とってもわかりました。

 

そして、日本から帰国後。

奥様からご連絡が。

「一年近く待っていた赤ちゃんが、Yumikoさんの施術を受けたころに、やってきてくれました!」

 

私の中の赤ちゃんが引き寄せてくれた?!

それともLomilomiのおかげ?!

 

とてもとても感謝していただきました。

もちろんタイミングや、偶然の奇跡だと思います。

 

ただ、実はその方だけではなく、ほかにも私が妊娠しているときに施術をさせていただいた方も、このたびご懐妊。

もちろん、それは私だけのLomilomiではなく、たくさんの奇跡が重なって授かられたのかと思います。

しかし、その方からも、きっと私の赤ちゃんが呼び寄せたのかもと。

 

昨年、妊娠中に取得したマタニティーロミロミの資格も、きっと意味があってあの時期に受けることができたのでしょうね。

実は、数年前に、違う場所でコースを受けたかったのですが、どうもうまくスケジュールが合わず、断念していました。

しかし、昨年はすんなりと日付も決まり、受けることができたのです。

まるで導かれたように。

 

lominoho3

こちらも妊娠8か月の時に、Lominohoをしている写真。

LomilomiやLominohoをしていると、おなかの中の息子がよく動いてました。

わかる方には、私のエネルギーと赤ちゃんのエネルギーの二つのエネルギーを感じたそうです。 それが、とっても心地よかったと。

mata lomi

こちらは、友人にマタニティーロミロミを施術している最中。

ママさんが深い眠りについている間、赤ちゃんが気持ちよく動くのがわかり、幸せな時間です。

少しでも、妊婦さんが快適で、幸せを感じられるマタニティーライフが送れるように、赤ちゃんがよりママのおなかの中で快適で気持ちよく過ごせるように。

 

そう願って、これからも私が与えられたギフトをシェアし続けていきたいと思います。

※情報は記事作成時のもので、予告なく変更されることがあります。


Yumiko

オーストラリア クイーンズランド州初のLong Life Lomilomiセラピスト、プライベートサロンオーナー。5歳と1歳の二児の母。 日本国内でジュエリーアドバイザー、店長を経験。語学留学のため渡豪。結婚、出産を経て、日本、ハワイ、オーストラリアにてハワイアンマッサージ「Lomilomi」の資格を取得。2014年にはマタニティーロミロミの資格を第二子妊娠中に取得。プライベートサロンをケアンズ郊外に2015年4月1日よりオープン! ハワイと美味しいものを探すことが大好き!