「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

「ケアンズ」という名前を聞いたことがある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?オーストラリア東海岸に位置する、赤道に近い南国。夏になると色鮮やかな植物が咲き誇り、ヤシの樹がそよ風になびく。シティの真ん中でも、虹色のインコが大木に集まり、海辺には渡り鳥やペリカンが憩う。世界中からやってきた人々の楽しげなバイブがあふれる…ここはそんなのどかな所です。  


ケアンズが癒しの旅にふさわしい理由

日本からのアクセスが良く、時差はたった1時間
〜最低限の疲れで、貴重な時間を有効に!〜

トロピカルリゾートは世界に多々ありますが、ケアンズの良いところはまず日本からのアクセスが良いこと。基本的に毎日、直行便が飛び、飛行時間は7時間と少し。 更に日本との時差はたったの1時間しかありません。
ケアンズ〜日本間の直行便を運行するジェットスター航空は、機内食やエンターテイメントなど、必要なサービスだけを予約時または機上で選べるのが従来のフライトと違うところ。
現在の直行便は、日本を夜に発ちケアンズに早朝到着というパターンなので、ケアンズ到着後、午前中からアクティビティに参加して、滞在時間をめいっぱい使う方も少なくないようです。 

ケアンズ発の便では、上空からグレートバリアリーフの光景を楽しめます。
グアムを経由するコンチネンタル航空、ポートモレスビーを経由するニューギニア航空も日本とケアンズを結んでいます。時間帯、価格、日程から航空会社を選んでみて。

空港からシティへの移動が楽
〜旅の疲れをすぐに癒すことができます〜

成田空港のように中心地まで距離があると、都内のホテルに着くまでの移動も一仕事ですね。ケアンズは空港がコンパクトで、空港からシティまでの移動も楽。パッケージツアーを申込んだ場合はホテルへの送迎付きが多いので安心ですし、個人手配旅行だとしても、到着ターミナルの目の前がタクシー乗り場なので、目的地まで楽に行くことができます。

2015年2月現在、平日7am〜7pmのケアンズのタクシーの初乗り料金は$2.70。1km走行するごとに$1.96加算されます。ただし、祝日や7pm以降は初乗り料金は$4〜にアップし、電話予約はそれぞれ$1.40かかります。車椅子も載せられるMaxi Taxiと言う5人相乗りタイプもあり。 シティから空港へ行く時は、ホテルのフロントにタクシーを呼んでもらうのが良いでしょう
空港からケアンズの中心地まではたったの7km。タクシーの運転手さんにはホテル名を告げれば良く、メーター制でチップも必要ないので日本と同じ感覚で乗ることができます。(自動ドアでないところは日本と違いますが…)観光客の皆さんに慣れているので、フレンドリーな運転手さんが多いのもケアンズならでは。私営のエアポート送迎バスも出ていますが、待ち時間、料金を考えるとタクシーが利用しやすいかと思います。  
空港からすぐにリラックスした旅行モードに突入できるのは貴重なのではないでしょうか?

治安が良い
〜必要以上に緊張せず、楽しむモードをMAXに!〜

ケアンズは治安が良いことも旅行にお勧めポイントの1つ。オーストラリアは銃を一般の人が持つことは違法なので、銃による事件は滅多にありません。ケアンズシティ内のラグーン(人工ビーチ)など多くの人が集まる場所には交番が設置され、ショッピングセンターではボディガードが、ビーチではライフガードがパトロールを行っています。
夜間、ひとけがない通りで一人歩きをしない、札束を持ち歩かないなど、海外旅行者として常識ある行動を取るよう心がけたら、あとはリラックスして滞在を楽しみましょう。
万が一事故や事件があった時でも、ケアンズは日本領事館、日本人女性警察官といったサポート体制が整っています。

▶在ケアンズ日本領事館 Level 15 Cairns Corporate Tower, 15 Lake Street, Cairns, QLD 4870 電話:(07)4051−5177 Email:japanconsulate@iig.com.au 一般開館時間:9am〜5pm(月〜金) 領事・査証部受付時間:9am〜12pm及び1:30pm〜4pm(月〜金) ▶ケアンズ警察署 5 Sheridan Street, Cairns QLD 4870 電話:(07) 4030-7000

ケアンズは日本から近い英語圏
〜生きた英語に触れるチャンスです〜

ネイティブの英語(オージーなまりですが)を話す地元の人相手に、ちょっとした会話を楽しんでみてはいかがですか?ケアンズでは多くの小学校やハイスクールが日本語授業を取り入れており、修学旅行先が日本だったり、日本に姉妹校を持つ学校も。親日家が多い土地柄なのです。

自然を満喫できるツアー、日本語ツアーが豊富

グレートバリアリーフや熱帯雨林といった世界遺産エリアへ向けて、ケアンズから多くの日帰りツアーが催行されています。 海へ行くと一言で言っても、クルーズはもちろん、ツアーによっては島でゆったり過ごすタイプのもの、ポンツーンという浮き桟橋から半潜水艇やシュノーケリング、ダイビングなどのアクティビティができるものと種類は様々。  
熱帯雨林も然りで、スカイレール(ケーブルカー)や、森の散策ツアー、夜の森で夜行性動物を探すツアーなど多彩です。空、海、大地、山、川…好みに合せてツアーを選びましょう。
日本語を話すガイドさんが同行のツアーが多いのもケアンズの特徴です。ツアーは出発前にインターネットで予約できますが、到着後でもホテルのロビーや町中にあるツアーデスクで申込むことが可能。掘り出し物的ツアーが現地で見つかるかもしれないので、時間があったらチェックしてみましょう。  
行きたい場所が決まっている場合は、時間に拘束されずにレンタカーで訪れるのもいいですね。国立公園に指定されている渓谷や、ハイキングコース、滝や湖など、地元の人に人気のスポットが町の周辺に点在しています。オーストラリアは日本と同じく左側通行、右ハンドルですので、運転はさほど違和感がないはずです。

都会的な機能も備えた程よい田舎
〜レストランやお店選びが楽です〜

ツアーやホテルは出発前にある程度決めておくにしても、その日行くレストランや、空き時間に寄る場所はあまり時間をかけずに決めたい。。そんな時、ケアンズは程よい規模なので選ぶのが簡単で助かります。 たくさんの店舗があるわけではありませんが、一流ブランド品の専門店、免税店、おみやげ屋さん、地元の工芸品などの専門店、マーケット、と目的に応じて選ぶことができ、お店が集まるシティの中心は徒歩で巡れる距離で、時間のロスもありません。

上質なスパやのんびりできるスポットがある

シティにはフェイシャル、ボディマッサージなどを気軽に受けられるスパがあり、最近は日本人の方による自宅サロンも増えて来ました。ケアンズから北へ30kmほどのパームコーブは、スパのメッカとして有名です。

ケアンズシティにあるラグーン(人工ビーチ)。のんびりするには最適の憩の場。
ケアンズはアートを大切にする街。シティのギャラリーは、小規模ながら、常設展の他、ローカルアーティストの展示を楽しめます。

旅行に必要なインフラが整っているので安心

急に具合が悪くなったり、何かが必要になったり、トイレに行きたくなったり、予想外のことが起こる可能性がありますよね。ケアンズには日本語通訳さんのいる医療センターが3カ所かあり、日本で海外旅行傷害保険に加入している方は基本的に無料で診察を受けられます。また、日本食品店、スーパー、薬局、コンビニ、郵便局、日本語が通じる両替所もシティにあります。 トイレは、ホテル、ショッピングセンターには必ずありますし、シティ内の公衆トイレも市による清掃が行き届いていて気持ち良く使える所が多いです。

自分たちに合った宿泊施設を選んで旅行を快適に!

ケアンズは小さい町ですが、5ツ星ホテルから、キッチン付きのコンドミニアム、リゾートホテル、モーテルと様々な宿泊施設があり、立地条件、広さ、価格、サービス、プールや館内の設備など、旅行の目的に応じて滞在スタイルを選べます。 シティ中心の活動を考えているなら宿泊先もシティの中心で便利な所に。なるべく自炊をしたいならキッチン付きの場所、至れり尽くせりでゆったりしたいならラグジュアリーなホテルといった具合です。長期滞在の方には、2〜3ベッドルームのコンドミニアムに人気。キッチンだけでなく、家具やキッチン用具も備わっていて、居間もあるのでほぼ自宅気分。広々しているのも魅力で、ホテルのようなフロントやリネンサービスを備えた所もあります。 ケアンズ旅行を最大限に満喫できる拠点を見つけてくださいね。

過ごし易い気候と雰囲気

月並みな言葉ですが、ケアンズにはフレンドリーな人が多い。国際空港ができてから急成長したケアンズは、市民の多くが観光業に携わっています。日本人観光客がその成長を支える大きな役割を果たしたという事実、また、小学校から日本語授業を取り入れている所が多いことなどから、自然と親日家の方が増えたようです。地元の人との小さな触れ合いを通じて旅行のハッピー度も高まることでしょう。
のんびりした雰囲気は、ケアンズの気候が成せるものでもあります。寒い場所へ行く場合、風邪をひかないようになど色々と気を遣いますが、ケアンズはその点心配ご無用です。1年中泳げるほど温暖で、雨期と乾期の2つしかありません。乾期は真っ青で澄み渡った空が広がり、とても過ごし易い日々。雨期も気温は上がるものの、木陰に入ればしのげる程度で、トロピカルムード全開。雨が降っても、じきに止むよ、と傘をさしている地元の人はほとんどいないほどの大らかさ。果物も野菜も豊富に穫れるこんな所だから、住む人ものんびりしているのかもしれませんね。

町から近距離に別世界が広がっている
〜短期間で多彩な体験が可能です〜

船で小1時間、車で1時間も走ると、まるで様相の異なる別世界が広がっているのはケアンズの大きな魅力です。シティを拠点に、今日は熱帯雨林、明日はサンゴ礁の海、翌日はアウトバックはたまた滝や湖が美しい高原地帯…と、短時間でこれほど多様な自然環境を体験できる所は世界的にも稀なのではないでしょうか?  
ジャングルや手つかずの自然が残る秘境というと、予防接種や行くまでの大変さ、言葉が通じない苦労などが頭に浮かびますが、ケアンズは世界のどんな場所にもひけを取らない環境でありながら、安心して楽しむことができるのです。  
雄大な大自然は、時間帯によっても私たちに新たな感動を運んでくれます。草原の上を漂いながら熱気球上から見る夜明け、漆黒の夜空に輝く南半球ならではのきらめく星など。  
ケアンズ旅行の醍醐味は自然と触れ合うことにある、と思います。滞在中は、ぜひ雄大な大自然を堪能なさって下さい。

ケアンズと周辺のみどころはこんな感じです。

アウトバック(内陸部)

ひたすらワイルドでダイナミック!
あるのは巨大な蟻塚のみ。そんなオフロードが延々と続くアウトバック。15万㎢という広大な面積のケープヨーク半島を初め、チリゴー、アンダラ、ジョージタウン方面等を指します。

熱帯雨林エリア

世界の学者も感嘆する世界最古の森。
世界遺産に指定されている熱帯雨林が広がるのは、ケープトリビュレーションや、デインツリー、そしてキュランダ周辺などのエリア。世界稀な植物や動物も生息。

ケアンズ高原

なだらかな丘が続く高原地帯は、食品の産地。
ケアンズから西のキュランダやアサートン周辺一帯。酪農地で、多くの農産物を栽培。湖、滝も多く、牛や馬がのどかに草をはむ光景が美しいエリアです。

ビーチエリア

ヤシの木が揺れる、南国の美しいビーチ。
地元の人に人気の静かなビーチや手つかずのビーチ、スパが点在するパームコーブ、海外のセレブも頻繁に来るポートダグラスなどリラックスできる場所がたくさん。

グレートバリアリーフ

カラフルな珊瑚礁や魚たち。人々を魅了する海。
世界七不思議の一つ、宇宙から見て取れる地球上でただ一つの生命体グレートバリアリーフ。気の遠くなるような年月をかけて創られた珊瑚礁と熱帯魚が舞う水中世界。