「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

オーストラリアに住んで、外食をしていると、とにかく肉が8割、シーフード2割なメニューがどこでもほとんど。

もちろん、中にはベジタリアンメニューとして、肉の代わりに、チーズなどで代用したメニューもあったりしますが、まだまだ日本のようにたくさんの野菜を採れるレストランは少ないかと思います。

 

昨日は、新月の上に、皆既日食というかなりなレアな日でした。

そのせいもあってか、身体がデトックスモードへ突入。

月の満ち欠けで暮らしてはいませんが、ふと体調があまりよくないなー、気分が乗らないなーなんて時は、お月さまの満ち欠けを見てみると納得することが、増えてきました。

 

身体が野菜を異常に欲しているときは、きっとどなたでもあるかと思います。

そんなあなたに、ケアンズでたっぷりのフレッシュな野菜を、リーズナブルにいただける場所を見つけました!!

 

Snoogies Health Bar Cairns

 

veggie ball3

 

以前の記事でもご紹介しました、 Lake St 沿いにある、 Bulk Foods の横の路地を入ったところにあります。

(え?こんなところにお店が?!という場所です。)

 

こちらのほかに、何店かフードショップが立ち並んでおり、平日の昼間でもたくさんの人がランチに訪れに来てました。

ほとんどがローカルの方ばかり。

 

veggie ball4

 

フレッシュなジュースバーの反対側には、ホットフードとサラダや野菜のラップ、海苔巻きなどがたーくさん!!

本当にどれも美味しそうで目移りしてしまいます。

 

veggie ball1

 

今回選んだのは、Veggie Rice Ball ($4)

サイドサラダは、少しずつを全部乗せてくれて、なんとプラス$6

ええええ!! それで、このボリューム!! いいんでしょうか?!

 

キヌアのサラダ、ビートルートのサラダ、ローストパンプキンのサラダに、マッシュルームのサラダ。。。

さらに、ドレッシングは二種類から選べました。私が選んだのは タヒニ(練りごま)のドレッシング。

 

どれもこれも、味が絶妙で、野菜やマッシュルームの味が新鮮で、本当においしい!

歯ごたえがしゃきしゃきな野菜なので、お肉や魚、シーフードが乗っていなくても、大満足です。

 

veggie ball2

 

メインのベジライスボール。

これが、少しだけカレーのスパイスが効いていて、かぼちゃなどの甘みがより際立ちます。

うーーーーん。もう一度食べたくなってきた。。。

 

VeganVegetarianの方は、さらにホットフード(カレーや煮込み料理なども)もあるので、サラダだけではなく幅広いラインナップから選べます。

もちろん、スイーツだってあります!!

ジュースバーは常に新しいお客さんが、スタッフの方に話を聞きながら飲んでました。次回は、フレッシュな野菜ジュースにもトライしてみたいです。

 

ついつい、ベジフードというと、物足りないんじゃないかな?なんて思いがちですが、食材の味を堪能しているだけで、お腹が満たされていきますよ!

身体が欲するときにはぜひぜひ、野菜をたっぷりとってみてはいかがでしょうか??

 

 

週末のカフェでの朝食。

オーストラリアではどうやら定番のようです。

 

日本でも最近では、カフェで朝食、増えてきているのでしょうか?

 

candy2

 

朝一番に身体に入るものだからこそ、栄養だけではなく、もちろん美味しいものをとりたいですよね。

 

ケアンズ市内は、カフェがものすごく多いので、どのカフェに入ろうかまず悩みます。

 

食いしん坊なみなさん、お待たせしました。

ボリューム満点、体格の大きいオージー男性でも大満足な食事ができるカフェを見つけました!

 

candy1

 

Candy Cafe Cairns

 

競争率の激しいカフェ業界で、人気の高いカフェの一つの理由。

それが。。。

 

candy4

Big Breakfast

 

見てください。これはまず、二人分の大きさ。

親子でシェアなんて当たり前の大きさです。

他店の同様の名前のものですと、たいてい男性一人ででしたら食べきれてしまう量。

 

これは、まさにBig。

 

一般的には、薄いトースト二枚、卵二個、ソーセージ、ベーコン、トマト、ビーンズが定番。

ぜひ、シェアをしてください。

candy3

Pulled Pork 

 

流行りのPulled pork。 

お味は結構しっかり目ですが、パンがパニーニなので、かなりボリューム満点なので、ブランチにお勧めです。

 

candy5

Sweet Corn Fritters

 

こちらも、とにかく大きい!小ぶりなパンケーキほどあるのではというくらいのフリッター。 

コーンがざくざくで、こちらもかなりの食べ応え。

さらに、アボガトが大盤振る舞いの量です。

サラダのドレッシングはあっさり目なので、これは女性でも食べやすい感じです。

 

candy6

Kids Buttermilk Pancake

 

かなりシンプルなパンケーキに、アイスがこんもり。

キッズにしては、かなりの大きさのパンケーキです。お皿ほとんどがパンケーキなので、小さいお子様ではまず食べきるのは難しいです。

 

でも! これは、ケアンズで一番おいしいパンケーキかも!

ふわふわで、まったく重くなく、朝一番に食べたいおいしさ。

このパンケーキを食べるだけでも価値はあるかと思います。

どこぞのパンケーキ専門カフェのよりも、数倍おいしいので、ぜひお試しください。

 

店内は、まるでおとぎ話に出てきそうな庭のイメージ。

料理のボリュームもさることながら、大手のチェーン店にはない丁寧な調理に、感動しました。

そのギャップをぜひお楽しみくださいね。

 

日本に帰国を一か月していた間に、ケアンズの町中も少しだけ変わっていました。

 

Pouchさんでのミーティング中に、新しくできたばかりのカフェが斜め向かいにできたのですよと言われて、早速行ってみました!

 

brew1

 

The Chamber Room

 

一見、なんのお店かわかりにくいので、開店二日目でしたが行列もなくすんなり店内に入れました。

 

brew4

 

入って驚いたのが、そのスタイリッシュな店内。

メルボルンや、大きい都市のカフェのように、豪華なコーヒーマシーンがどーんと構えている隣には、

なんとドリップコーヒーのバーが。

日本で今ブーム中の、ドリップコーヒー。

一杯一杯、お客さんの目の前で丁寧に抽出するのを眺めながら、ゆったりとコーヒーを楽しんでもらいたいというオーナーご夫妻は、実はケアンズ生まれのケアンズ育ちのお二人。

長年ずーーーっと願っていた夢のお店が手に入ったと、とても情熱的にコーヒーの魅力や、お店の特徴を教えてくれました。

 

brew2

 

ショーケースに並べられた美味しそうなケーキは、ローフードのチーズケーキ、白糖、乳製品、卵などを使わないケーキなど、健康を気にされる人には、身体が喜ぶスイーツたちです。

今後は、種類も増えていくそう!

 

brew3

 

大きな壁一面に描かれたアートは、ケアンズのアーティストによって書かれたもの。

黒と白で統一された店内に、とても合ってますね。

 

brew5

 

今回、いただいたのは 卵、乳製品、白糖を使っていない、ブラウニー。

あっさりした甘さは、日本人好み。

ヘルシーなものだけを頂いていると思うと、コーヒーのお供でも、気兼ねなくいただけてしまいます。

 

brew6

 

ドリップコーヒーは店内で、次回ゆっくりいただきたかったので、今日は、テイクアウトのディーカフ(カフェインなし)のカプチーノを頂きました。

こちらのコーヒー豆は、メルボルン産。

こだわりがあるだけ、味もしっかりで、とてもディーカフとは思えないお味でした。妊婦さんや授乳中の方には、こんなにおいしいディーカフコーヒーがあるんだってことを、教えてあげたいです!

 

カフェによくある、VIPカード(Reward card)は、こちらは最新のQRコードタイプ。 店頭ではカードをもらえますが、次回からはそれにあるQRコードを写真で保存しておけば、カードは持っていなくてよいというもの。ポイントが加算されるだけではなく、そのコードに入金もできるので、現金での支払いもしなくてもよくなるという、最新式!

ほかのカフェとの差別化を徹底されている姿勢に、感動!

次回は、ドリップコーヒーを試して来ようと思います!

 

コーヒーお好きですか??

おうちで簡単に美味しいコーヒーが飲める時代です。

それでも、やはりドリップコーヒーにこだわる方。。。

必見。

 

ローカルでも知る人が知る美味しいコーヒーを販売もしているカフェがあります。

 

「Sipping Duck Coffee Roasters」

 duck2

 

???

倉庫??車の修理屋さん??みたいな外観なので、High Way沿いにあるにはあるのですが、一発で見つけるのは困難を極めます。w

 

 duck1

 

看板も、わかりにくいっていえばわかりにくいw

でも、この看板を目指してきてください。

 

 duck4

 

こちらは、店内。

倉庫っぽいのかと思いきや、意外とカフェっぽい。カフェなのですが。

アート作品が飾ってあったり、天井が高いので(倉庫なのでw)、解放感はあります。しかし、店内ではお食事等はできなさそうです。レジの前には、ベンチがありますが、対面式みたいになってしまうので、あくまでもコーヒー豆を買いに来た方が、挽いてもらうのを待っているときに使うようです。

ウェブページの食事メニューは軽食程度と、変わった名前のコーヒーが並んでいたので、食事するというよりも、コーヒーを楽しむところなのかなーなんて思っていましたが、意外に色々なケーキや本格的なサンドイッチもありました。

 

duck5

 

気になるケーキがたくさん。。。

しかも、ちょっとヘルシーなお野菜が入っているスイーツだったりするので、罪悪感なくいただけそうです。

スライスは結構薄めでした。(チェック済み)

次回は、ビーツの入っているチョコレートケーキか、その隣の、ジンジャーパイナップルブレッドを狙ってみます。

(そうそう、バナナブレッドとかローフとか、言いますが、結局のところパウンドケーキみたいなものですよね??)

 

duck3

 

Gourmet Toastieの Salami,Maasdam cheese,Hummus+Rocketの41/2インチサブとカフェモカ。

写真の角度がついたせいで、コーヒーがかなり大きく見えてますが、普通サイズです。

トースティーのほうは、パンがふっくらで、チーズがとろ~~~り。でも、のび~~る。 サラミの塩味と、Hummasのあっさりさがマッチしてます。

ずいぶん食べた後に気づいたのですが、Rocketがはいってなーい!!!!

忘れられてたのでしょう。 このRocketがあるかないかで、結構お味が変わりますよね。 

Rocketは、薄い味の(要は大味)野菜がオーストラリアにおいて、結構しっかりとした味がある葉っぱ系なので、春菊とか、コリアンダー好きな方にはとてもおすすめのお野菜。

大好きなのに。。。残念。

 

いえいえ、私は、サンドを食べに来たわけではなくて、ローカルがこぞってコーヒー豆を買いにくるところの、コーヒーを飲みに来たので。(と言い聞かせ)

コーヒーはとても、飲みやすいものでした。モカにしてしまったので、ちょっとコーヒー本来の味とはわかりにくかったですが、それでも苦すぎず、それでいてきちんと主張しています。

 

買い物に来ていた方は、コーヒー豆をオーダーして、その待ち時間にもコーヒーをテイクアウトしてました。

それだけ好きなんですね。

平日にも関わらず、観光中らしき方や、ローカルの方たちが、あしげく通ってました。

見つかりにくい場所でも、口コミ等で広まるというのは、やはり実力、味があってこそ!

空港から近いので、旅行中の方はぜひレンタカーでノースのビーチへ行く途中など寄ってみてはいかがでしょうか??

 

先日、主人に勧められて行ってきたカフェ。

「パンがおいしかった!!」

「もちろん、コーヒーも!」

 

こちら!

 

 
「 bang&grind 」 
 
Spence st 沿いの、がんばらんばというラーメン屋さんfood35のお隣にあるカフェfood25です。
 
 
 
平日の朝にもかかわらず、店内はほぼ満席、その後も何度も、近くのオフィスワーカーたちが、列をなして
コーヒーや朝食を買っていきます。 これは期待大。
 
 
 
私がオーダーしたのは、サラミパニーニ。
 
サラミが美味しいだけではなく、パニーニが損所そこらのものとはまったく異なり、
おいしーー!硬すぎず、本当に美味!ボリュームも抜群!
 
中には、ロケット、ナス、ドライトマト、チーズがとろ~り。
これみたら、また食べたくなってきた。。。
 
 
軽食なトースティーや、がっつりと行きたい方は、
パンケーキもありました。
 
こちらのパンケーキは。。。。。(私はあんまり。。。)
バターミルクパンケーキなのですが、添えのベーコンanimal07も焼きバナナfood13もいまいち。。。
 
せっかくのお値段を出すのでしたら、絶対にパニーニをおすすめします。
 
写真を撮り忘れてしまいましたが、もちろんコーヒーfood25も美味しかったです。(といっても、私はディカフでしたが)
 
どちらかというと、日本人サイズ?! 軽めな朝食を希望の方にはおすすめのお店です。