「自己回帰の地」ケアンズ発・女性目線のオンラインメディア CAIRNS WING

世界最大のサンゴ礁が育む命の楽園。「母なる海」と
一体になる感動と開放感を味わってみませんか?

BR海洋公園エリアへは、年間200万人近くが訪れます。世界中の人々を
魅了して止まないグレートバリアリーフとは一体どんな海なのでしょう。

gbr

特殊な環境でしか生育しない
サンゴが群生する選ばれし海

陸から50〜100km沖で、水深40〜50mの遠浅という特殊な環境で、直径が年間1〜3cmしか育たないというサンゴ。グレートバリアリーフは、そんなサンゴが、何と日本列島がすっぽり入る南北2000kmに渡って群生するという、”選ばれし海”です。

グレートバリアリーフの元となった初期の暗礁は60万年前頃から形成が始まり、最終氷期最盛期に当たる約2万年前からその上にサンゴ群が成長を始めたという説が有力で、現在見られるサンゴ礁は、8000〜6000年前に形成された後、絶滅せずに繁殖したものと言われます。

gbr1


悠久の時を経てできたグレートバリアリーフ。2900のサンゴ礁と1000の島から成るこの海域は、宇宙から地球を見たとき形を見てとれる唯一の自然現象でもあります。

重要なエコシステムを担う

海に流れこんだ有機物は生物が接食することによって量が減少します。サンゴ礁にはこうした環境を浄化する機能や、自然の防波堤として津波などから守る防災作用もあります。


gbr3

 

また、サンゴはポリプと呼ばれる部分の細胞内に「褐虫藻(かっちゅうそう)」と呼ばれる植物プランクトンを共生させており、光合成によって二酸化炭素を吸収して酸素を供給。酸素の生産量は陸上の樹木を上回るとされ、”海のアマゾン”と呼ばれる所以となっています。
更に、サンゴの大部分を占める石灰からなる骨格は、大気中の二酸化炭素を吸収し、地球の気候を安定化する役割も果たしてきました。

色とりどりの美しいサンゴ。その実態は植物でなく、動物。大部分は石灰の固まりですが、表面は生きており、先端にポリプというイソギンチャクのようなものが生息し、夜毒矢を吹いてプランクトンを補食します。平行してサンゴと共生する褐虫藻という虫が太陽から吸収したエネルギーをサンゴに提供して石灰の固まりを築きます。
地球で最も多彩な生物多様性

サンゴ内の褐虫藻は、栄養分となる炭水化物やタンパク質などをつくり出し、余ったものが海中に流れ出して小さな生物たちの栄養分となり、豊かな生態系がつくられます。また、複雑な形で、硬い骨格を持つサンゴは、生物たちのすみかとしても最適です。

こうして、この美しく神秘的な海には、種類にして、魚1500、軟体動物4000、サンゴ400、海鳥242、海藻15、クジラ22、ウミガメ6、全体で6万種類以上と偉大な数の命が息づいており、人間が知る限り、地球で最も多彩な生物多様性を支える場所と言われます。

gbr2


地球の7割は海。その中でも、サンゴ礁の海は全世界の海底総面積の1%以下しかありません。
海洋生物の25%、魚類の33%を育むサンゴ礁の海が、いかに大切な存在であるかは言うまでもないでしょう。

 

グレートバリアリーフを体感する3つのキーワード

グレートバリアリーフの楽しみ方は人それぞれ。
リーフに続く海岸で海水浴、はたまた船に乗って沖まで。
初心者もベテランもダイビングできるし、気軽にできるスノーケリングも楽しい。
濡れるのがイヤなら、ヘルメットダイブや海中観測室、半潜水艇。
グレートバリアリーフに浮かぶ島でのんびり景色を楽しむのも素敵…。
13-snorkel

ケアンズのシティに船乗り場があり、簡単に行けて安全で
こんなにチョイスがあるなんて贅沢なほど?
世界遺産の海の癒しのパワーを、好きな方法で受け取りませんか。

gbr4

グレートバリアリーフに浮かぶ島や砂の小島はそれぞれ個性があり、佇むだけで癒されます。もちろん周りは美しいサンゴ礁。気が向いたら一泳ぎだってできます。
のんびり滞在して、地球の宝の息吹を感じてみましょう。

優雅なカタマラン船、オーシャンスピリットが向かうのは砂でできた小島、ミコマスケイ。
海鳥が多く生息することで有名で、周りの透き通るような海でダイビングやスノーケリングを楽しめます。

0304-P.08&09-michaelmas-cay

0304-P.08-Michaelmas-cay3

 

ケアンズから高速艇で40分強とアクセスの良いグリーン島フィッツロイ島は、日帰りツアーも大人気の他、素敵なリゾートがあり、泊まることも可能。バーやレストラン、リゾートプールなど設備も上質です。
また、セレブ感あふれるダブルアイランドリザード島、アクティビティ目白押しのダンク島、手つかずの自然が残るフランクランド諸島などがケアンズから行き易い島。

0304-P.08&09-Green-Is

 

gbr5

南北2000kmと広範囲に渡るため、寒い海の魚から赤道直下の魚まで固有種や絶滅危惧種など貴重な生物が生息するグレートバリアリーフは、魚の数が多いだけでなく、世界の他の海では類を見ないバリエーションも魅力の1つ。
あらゆる生物がバランスを取りながら繊細な生態系を形づくっていている様が、大切なことに気づかせてくれそうです。

0304-P.08&09-coral

 

gbr6

海の生き物たちが暮らす別世界におじゃまできるスノーケリングやダイビングは、感動もひとしお。美しさもさることながら、至近距離で魚たちと出逢える体験はやっぱり貴重です。

 

 

 

色鮮やかなサンゴや様々な水中生物と出逢うことができ、年齢を問わず楽しめるスノーケリング。島やボート上で用具をレンタル可。ライフジャケットやウェットスーツ、浮き具も貸出している所がほとんどで、お子さんから楽しめます。

gbr7

 

ダイビング(12歳〜)は、初心者でも参加できる体験ダイブやCカード保持者用のファンダイブが。器材は当日レンタル可。参加する際は健康状態が考慮されます。

0304-P.09-dive

 

0304-P.08&09--GBR05

【左】最新設備と、ケアの行き届いたサービスが大好評のツサダイブ。1日トリップはもちろん、船上に泊まるダイブ三昧の旅も楽しめ、リピーター多数!【右】ケアンズ最大&老舗ダイブショップ、ディープシーダイバーズデンではダイブもスノーケリングも楽しめるトリップを催行しています。

0304-P.08&09--GBR07

グレートバリアリーフの外側に位置するコーラルシーは、水深1000m以上の外洋。平均30〜60mと抜けるような透明度を誇り、潮あたりのいい所を好む魚や、大型のサメなど大物にも出くわします。写真上はコッドホールで、人なつこいカスリハタと戯れるダイバーたち。

 

 gbrpon

0304-P.08&09--GBR02

ポンツーンまでは、グレートアドベンチャーズサンラバークルーズリーフマジッククイックシルバーからクルーズが出ています。出航から到着まで約1.5時間。心配な方は酔い止めの薬を用意しましょう。ポンツーンではやりたいことが目白押しで、2〜4時間の滞在もあっという間!?デッキから壮観なサンゴ礁を眺めてゆったりするのも◎。

 

gbr9

パームコーブはキャプテンクックハイウェイ沿いに車で30分ほど。シティプレイスから、公共バスで1Xを利用すると便利です。

 

下は、ケアンズからボートが出ている範囲のマップです。

gbrmap

創刊20周年、ケアンズの情報満載のフリーペーパーリビングインケアンズ 2011年3-4月号掲載。(同誌配布先はこちら


cayco

ひつじ年、おひつじ座。1993年よりケアンズ在住。ケアンズの地元情報誌を1995年に立ち上げ、16年間編集長を勤める。現在は、ケアンズ市内で「オーストラリアのいいモノ」を集めたギフトショップパウチを運営。著書に「家族でケアンズ」(講談社)あり。休日は自然の中でのんびりしてます。http://ameblo.jp/cayco